顔のたるみ解消

顔のたるみ解消!原因と対策法をご紹介!

顔のたるみとリンパの関係とは?

顔のたるみとリンパの関係を理解してたるみ対策をしよう!

 

リンパとは皮膚の2mmくらい下に張り巡らされている
「リンパ管」の中を流れているリンパ液やリンパ節の総称をいいます。

 

このリンパの流れが悪くなってしまうと代謝や免疫機能が落ちたり、
血流が悪くなって肩こりや冷え性を引き起こします

 

 

老廃物や脂肪がたまりやすくなることで、
リンパの流れが悪くなった場所がむくんだり太くなったりしてしまいます。

 

これが原因で頬や目の下がたるんだり二重あごになってしまったりします。

 

 

リンパの流れが悪くなってしまう原因として主なものは
「体の冷え」「運動不足」「偏った食事」があります。

 

また、立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいたり、
同じ場所に負担をかけすぎることもその部分のリンパの流れが悪くなる原因です。

 

 

原因を見てみるとわかるように、ほとんどが生活習慣となっているものです。

 

しかし、言い換えてみれば生活習慣を見直すことで
解消することができるということになります。

 

 

お風呂に長く入って体を温めたり、意識して運動量を増やしたり、
食事バランスを考えてみたり…。

 

こうしたことの積み重ねによってリンパの流れはよくなり、
体のラインが綺麗になるだけでなく疲れにくい体にもなります。

 

 

また、滞ってしまったリンパの流れはマッサージによって解消することもできます。

 

「押すと痛い」と感じる場所はリンパの流れが悪くなり、
老廃物が溜まっている証拠です。

 

 

そのままにしておくと太くなったり、たるんできてしまうので
気づいたら入念にマッサージを行うようにしましょう。

 

 

 

リンパマッサージで顔のたるみを撃退しよう!

 

リンパの流れが悪くなると、血行が悪くなって代謝も下がってきます

 

代謝と血流が悪くなった事で老廃物や脂肪が少しずつ溜まってくると、
むくみ脂肪が付きやすくなってしまいます。

 

 

これがフェイスラインや首まわりで発生すると、
頬がたるんだり二重あごといった悩みを引き起こします。

 

 

一度滞ってしまったリンパの流れはそのまま放置していると
悪化していくばかりです

 

 

リンパの流れをスムーズにしてあげる為には体が冷えないようにしたり
適度な運動マッサージを行うことが効果的です。

 

特にお風呂上がりの体が温まっている時のマッサージはとても効果的です。

 

マッサージを行う時に、保湿力の高いマッサージクリームやゲルを使うと
お肌のケアも一緒に出来るので一石二鳥です。

 

 

お顔や首のたるみが気になる方は、ぜひここで紹介するマッサージ方法を
試してみてくださいね。

 

 

顔のたるみをとるマッサージ方法

 

  1) 最初は首のリンパの流れをよくします。
    首筋を耳から下方向に向かい、少し強めにさすりおろしてください。

 

  2) 次は二重あごの予防と解消をします。
    あごの先端から耳の後ろに向かい、フェイスラインに沿って親指を滑らせてください。

 

  3) ほうれい線の飛ぼうと解消も行います。
    口角から耳へ〜頬骨の下から耳へと少しずつ上に移動しながら親指で
    押し上げるようにしてください。

 

  4) 目の周りのたるみが気になる時はツボの刺激。
    中指を使って目の下、眉の上下・こめかみをラインに沿ってプッシュしてください。

 

  5) 最後にもう一度首のマッサージを行い、鎖骨のラインをプッシュしておしまいです。

 

 

 

顔のエクササイズでたるみを解消しよう!

 

顔の筋力が低下し、皮膚がたるんでしまうと
口の周りや目の周りなどが実際よりも老けて見えてしまいます。

 

女性にとってはとても深刻な悩みになってしまうので、
しっかりとエクササイズを行って予防解消をしましょう。

 

顔の中で一番たるみが出やすく、目立ってしまうのは口周り〜頬にかけてです。

 

頬には脂肪が付きやすく、筋力が少しでも衰える
と重力に負けて垂れ下がってしまうことが原因です。

 

これを解消するには頬の脂肪を支える筋力を鍛えることが大切です。

 

 

頬のたるみを集中してとるエクササイズ

 

  1) 背筋を伸ばし、顔が正面に向いているように鏡でしっかりと自分を見てください。

 

  2) 唇をゆっくりと前に突き出し、頬の筋肉が使われているのを感じてください。

 

  3) 5カウントをしながら頬の中に残っている空気を吸ってください。
    この時に頬の内側が歯にくっつくのを感じたら、そのまま5秒キープしてください。

 

  4) 唇をすぼめた状態のまま、今度は口の中に空気を入れてプクっとふくらませてください。
    限界まで口を膨らませた状態で5秒キープしてください。

 

  5) 最後にゆっくりと口の中の空気を吐き出して終了です。

 

このエクササイズ5セットで1回朝晩行うだけ
かなり頬のたるみは解消されます。

 

 

また、こうしたエクササイズに加えて表情筋を意識して動かすことも
たるみ予防と解消には大切です。

 

普段から話す時に口をはっきり動かしたり、
表情豊かに過ごすことでお顔の年齢は若返ります

 

 

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ